おすすめの参考書を探す

[徹底解説]看護学生の実習に“病気がみえる“が必要な3つの理由

質問者

領域別実習の際に、検査値、病態、技術、接遇…などなど、とても役に立った参考書を教えていただきたいです。よろしくおねがいします。

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

結論から言いますが、僕が領域実習をこなす中で一番役に立った参考書は、病気がみえるです。

この記事では、なぜ病気がみえるが看護学生の領域実習に役立つのかその理由を3つ紹介します。

本記事の信頼性

この記事を読んで病気がみえるを役立てられる人が増えて欲しいなと思います!

[徹底解説]“病気がみえる“が看護学生の実習で必要な3つの理由

”病気がみえる”が看護学生に必要な理由は以下の3つです。

必要な理由
  1. 解剖生理と病気が1冊でわかる
  2. イラストがついていてわかりやすい
  3. バイタルサイン・フィジカルアセスメントの観察点が見える

上記3つの理由をこれから説明していきます。

[便利]看護学生が実習で使えるおすすめの参考書まとめ
[便利]看護学生が実習で使えるおすすめの参考書TOP9まとめ僕が紹介する看護学生が実習で使えるおすすめの参考書でご紹介する参考書を上手に活用することができれば、実習での学びが深まります理由は、僕が実際に行った3年生までの実習で「これがあってよかった!」と思えるものばかりを紹介しているからです。...

理由1:解剖生理と病気が1冊でわかる

病気がみえるは本当に便利です。

病気がみえるでは、解剖生理と病気が1冊で “みえる”(わかる)からです。

Tsubasa

ダジャレ言うなよ!!!

病気がみえるためには、4つのステップを踏むことで病気が理解できます。

  1. 基礎を抑える
    ・総論のページでは、解剖生理や関連する様々な病気の全体像を捉える
  2. 臨床時に大きく捉える

    ・各論のページでMUNIMUM ESSENCEをみる。

    疫学→診断の指標→治療の時系列に沿って書かれている順で理解していく。

    ・重要なキーワードは太めの赤字で書かれているので確実に覚える(特に症状・検査値が赤で多く引かれている)

    ・MUNIMUM ESSENCEの右側には<>で関連のあるキーワード同士を病態や臓器所見を理解する。
  3. 臨床的な理解を深める
    検査、治療の方法がイラストと解説で書かれているので、受け持ち患者さんに該当する部分を押さえる。
  4. 本文の知識を補完する関連資料で理解をさらに深めるサプリメントやアドバンススタディーのコーナーにある知識を参考にする

この4つの流れを踏んで病気を理解していくことができます。

初めての実習で、病気がみえるを持っていなくて困った話(実体験)

これは僕の実体験です。

僕は、初めていった実習で患者さんの病気を理解する時に病気がみえるを買っていなくて困ったことがあります。

困った理由は、最初の実習の時には病気がみえるという参考書の存在すら知らなく、インターネットで出てきた専門用語を理解するまでに時間がかかったからです。

基本的には、看護学生が初めていく実習は、基礎看護学実習Ⅰ(以後基礎Ⅰ)です。

基礎看護実習では基本的に患者さんに看護技術を提供するより、病院や患者さんの生活する環境を学ぶための実習になります。

僕の学校では、受け持ち患者さんが決まると患者さんのベッド周りの環境整備やコミュニケーションをとることがメインです。

他にも看護師さんの動きを後ろでついて回ることを基礎Ⅰで行いました。

看護過程を展開しませんでしたが、患者さんがどのような病気を持っているのか知るために自己学習を行うことが課題で課せられていました。

病気がみえるは僕の学校では、2,3年生指定図書です。

当時は、患者さんの病気をインターネットで調べるしかなく、調べても内容が難しくてわかるまでに時間がかかるという経験がありました。

そんな経験を経て、次に行った実習は基礎看護学実習Ⅱ(以後基礎Ⅱ)であることを感じました。

Tsubasa

病気がみえる神かよ。

あれ?1年生のときから病気がみえる持ってたら困らなかったな・・・

基礎Ⅱでは看護過程を患者さんに初めて展開する実習だったので、その時には何冊か病気がみえるを持っていました。

基礎Ⅱの時、僕は担当患者さんの領域で使える病気がみえるシリーズを持っていたので、理解するまでの時間が基礎Ⅰに比べて格段に早くなりました。

Tsubasa

勉強を学年が上がって積み重ねていたのもあるけど、みえるシリーズは使うと手放せないぐらい便利なんだよね!

基礎Ⅰのときからあれば・・・って悔しくなった!

質問者

Tsubasaさん!病気がみえるって入学当初から必要だと思いますか?

Tsubasa

入学して最初の実習では、看護過程や記録物をこなさなくても、解剖生理を勉強することや病気がどのようなものか大まかに知るために持っていていいと思うよ!

それに学年が上がればそれこそ病気を知るのに必ずと行っていいほど必要になってくるし!

辛い実習を乗り越えるため実践したこと7つ
辛い実習を乗り切る方法で実践したこと7つ[看護学生] Tsubasa 私は、看護大学に通う3年生で今年4年生になる予定です。残すところ領域実習が、老年、在宅、精神、継続統合の4つとなり楽...
看護学生のパソコンは、MacBookがオススメな理由7つMacBookとsurfaceを比較しながら、MacBookを大学3年間使ってきた経験をもとにお話ししていきます。実習時にMacBookだと役立つ機能ばかりで重宝しているので是非みてほしい記事です。...

よくある質問:病気がみえるはシリーズでいうと何がオススメですか?

正直な話、 僕は、全部揃えてもいいと思っています。

理由は、国家試験対策や就職後にも活用することができるからです。

僕の学校では、実習で、消化器、循環器、整形、地域包括など色々な診療科目に配置される可能性があります。

僕の学校は実習でどこの病院の何科に配置されるかわからないので、全部揃っていると困ることがまずありません。

それに病気がみえるのシリーズを全部持っているとなんでもわかるので安心感があります。

実際に実習で病気がみえるが揃っている状態で、1度も病気がみえるを開かずに実習を終えたことはありませんよ。

それぐらい病気がみえるは重要です。

実習で受け持たせていただく患者さんは、少子高齢社会ということもあり、年齢の高い方が多いです。

年齢が高い患者だと、現病以外にも既往歴がある場合が多いです。

なので、現病歴で使えるテキスト以外の病気がみえるのシリーズを持っていると他の領域のテキストも参考にしながら実習を進める場合があります。

Tsubasa

実際に同じ学年の学生が体験した話を例に挙げると、消化器の疾患で入院しているけれど、循環器の既往があったなんていう例もあったよ!

患者さんは年齢の高い方が多いので原病以外の既往を調べる際に役立ったり、国家試験や就職後にも活用できたりするので、病気がみえるシリーズは全部持っていても損はないと思います。

理由2:イラストがついていてわかりやすい

病気がみえるは、疾患を理解するためのイメージイラストがついていてわかりやすいです。

例を2つあげてみます。どちらがイメージしやすいですか?

例1)人は消化した栄養素を腸管から吸収するために分解する必要がある。これを消化という。分解は主に消化液中に含まれる消化酵素によって行われる。

Tsubasa

例の2はイラスト付きだよ!

消化・吸収と消化酵素

イメージしやすかったのはどちらでしたか??

どちらの方がイメージしやすいか考えたとき、僕は迷わずイラスト付きの方がわかりやすいと考えます。

理由は、 活字だけの情報だけでなく、映像と活字の両方が見えた方が理解が深まるからです。

病気がみえるは、解剖学から病気まで、イラストがほぼ全てのページにあり、理解が掴みやすいテキストになっています。

Tsubasa

このイラスト僕が作ったんだけど、もっと色々な種類のイラストがあってわかりやすいよ!

理由3:バイタルサイン・フィジカルアセスメントの観察点が見える

病気が見えたら、看護で観察すべきポイントも見えてきます。

理由は、看護で観察するポイントは病態生理に基づいているからです。

先ほど上の項目で、消化についてあげたので、消化器の代表疾患である大腸がんを例に挙げてお話をしていきます。

大腸の機能は、水分の吸収と便の形成です。

これが手術で切除したことにより障害を受ける可能性があります。

このように臓器の役割から観察すべきポイントを考えることができます。

*あくまでも観察項目は例として挙げています。これが全てではないです。

このように病気を知ることで“看護がみえる”んですよ!!

Tsubasa

ダジャレ・・・

実習で使うメモ帳オススメの作り方
看護学生が実習で使うメモ帳おすすめの作り方メモ帳を作るおすすめの方法は、情報収集する項目の整理、バイタル(アセスメントの報告)を事前にどのような形で言うか準備しておくことです。加えて実習に必要な知識を補足しておくことで実習の不安をが減ります。...

まとめ

“病気がみえる“が看護学生の実習で必要な理由は3つ

  1. 解剖生理と病気が1冊でわかる
  2. イラストがついていてわかりやすい
  3. バイタルサイン・フィジカルアセスメントの観察点が見える
Tsubasa

病気がみえるを買って不便だなと感じたことは今までないからみんなも一度手にとってみてみてね!

Tsubasa

僕は、婦人系の2冊は使う機会が少ないから持ってないよ

ABOUT ME
tsubasa
看護学生お助けサイトMasupi Blogを運営中。北海道在住21歳。看護学生として多忙な生活を送りながら色々な事に挑戦しています。
僕はこの参考書で合格しました。

豊富なイラストで理解を助ける!
問題集『QB』シリーズと連携!

10年分の看護師国家試験を1冊にした
「レビューブック」

『QB』シリーズはこちら

「クエスチョンバンク」

必修に特化した
「クエスチョンバンクselect必修」

模試や本番慣れを狙う予想問題720

予想問題集

本番前の仕上げに活用して欲しい2冊!!

必修予想問題

予想問題プチナース