看護学校入前の悩みから探す

看護学生のパソコンは、MacBookがオススメな理由7つ

Tsubasa

私は、看護大学に通う3年生で今年4年生になる予定です。
残すところ領域実習が、老年、在宅、精神、継続統合の4つとなり楽しかった実習から男子学生の私も辛くて病棟で涙する実習を経験したました。

Tsubasaです。

春から看護学生になるAさん

・看護学生になって使うパソコンを何にしよう?

・AppleのMacBookってかっこいいけど、実際のところどうなんだろう?

今回の記事はこのような悩みを解決できる記事になっています。

こちらのツイートをご覧ください。皆さんは、MacBookとWindowsどちらをぶっちゃけ使いたいですか?

3/7日時点では、MacBookを使いたいと考える人が60%以上います。

MacBook使いたいけど実際どうなんだろうと考える人は多いと考えてこの記事を書きました。

前半は、看護学生のパソコンは、MacBookがオススメな理由7つを僕が、MacBookを大学3年間使ってきた経験をもとにお話ししていきます。

後半は、MacBookとsurfaceを比較していきます。

この記事を読み終え、パソコンの選択ができると看護学生の生活をよりイメージできます。

看護学生はノートパソコン必要なの?必要な場面と理由3つを解説 Tsubasa 看護学生お助けサイトを運営しています!Tsubasaです。 サイトに来て頂きありがとうございます! 質問...

また、MacBookを購入し進学された方は、入学後の課題を短縮することができます。

今回の記事の構成は以下の通りです。

看護学生が使うパソコンはMacBookがオススメです。

僕は看護学生が使うパソコンはMacBookがオススメ派です。

なぜなら、看護学生になって3年間MacBook使ってきました。今の経験を積んだまま入学当時に戻ったとしたら絶対にMacBookを選択するからです。

Windowsがオススメとされる理由

  • MacBookは値段が高い
  • ワード、エクセルがついていない

この2つの理由で看護学生がWindowsがオススメという記事が多いです。

パソコン選びは、課題をこなす質や速さにかなり直結します。

この記事では、僕が大学生活で3年間MacBookを使用して感じたメリットをここから紹介します。

1,キーボードが打ちやすい

Windowsのパソコンを使っていた方がMacBookに切り替えると最初はキーボードの感覚が少し変わります。

MacBookはタイピング時に押し込まずに優しく触る感覚でキーボードを打ち進めることができます。

MacBookを普段使っているので、講義で学校のパソコン(Windows)を使った時にMacBookでのタイピングが普段どれだけ打ちやすいかそこで感じました。

Tsubasa

キーボード1つ1つが飛び出てないMacBookが使いやすいって今は思ってる!

2,マウスすらいらない優秀なトラックパットが付いている

スマートフォンを駆使する10代の学生ならなおさらMacBookでマウスがない生活に慣れることができます。

トラックパットで指の本数を変えれば、マウス同様の働きができます。

マウスがなくて不便だと感じることは本当に少ないです。トラックパットをどの位置からでも押せば、クリックされる便利さを知るとなかなかWindowsのノートパソコンには戻れないなと個人的には感じています。

3,文字変換を自動で行ってくれる

タイピングにかかる時間を劇的に減らすことができます。

MacBookにはライブ変換という機能が備わっています。

ほとんどの変換が、自動で適切に行ってくれるので最終のチェックだけで済む分、作業時間が劇的に減らすことができます。

タイピングで一番面倒だと感じてしまうことは漢字の変換作業です。

例)看護学生にとってオススメのパソコンはMacBookです(変換5回)

このワードを打つのに5回必要だった変換の時間を減らすことができるんです!

文字を変えるために、何度もスペースキーを押して変換する作業を何度も繰り返すのは、時間がもったいないです。

もしも、1日1個パソコンでやらなければいけない課題があるとします。

自動変換になることで1つの課題に取り組む時間が10分減ったとすれば、1週間で1時間弱。

1年で2400分も短縮できるんです!
(1日半と少しの時間が生まれます)

勿論自動で変換してくれるので同音異義語がある時には変換の注意が必要です。

ライブ変換を上手に使いこなすための記事も合わせて読むと、記録にかかる時間を削減できますよ!

Tsubasa

MacBookについて詳しく書かれているサイトだよ!

実習時に本当に助けられる。

 なぜ自動変換が素晴らしいか、時間短縮にこだわるのかと言うと実習時の睡眠時間を確保できるからなんです。

実習が辛い時に乗り越える方法でお話ししましたが、看護学生の実習は辛いです。

それは課題が多いのに加えて調べる勉強の量が多いのが原因です。

もしタイピングにかかる時間を短縮することができれば、その分調べて勉強する時間に当てることができます。

それが、実習の睡眠時間を確保することにも繋がります。わずかなタイピング時間を短縮することも積もれば大きな時間の削減になります。

看護学生は、MacBookを駆使してタイピング時間を減らしましょう。

辛い実習を乗り越えるため実践したこと7つ
辛い実習を乗り切る方法で実践したこと7つ[看護学生] Tsubasa 私は、看護大学に通う3年生で今年4年生になる予定です。残すところ領域実習が、老年、在宅、精神、継続統合の4つとなり楽...

4,カッコいい

言うまでもなくデザインがシンプルでかっこいいです。

かっこいいものを使っていると自然とモチベーションも上がりますし、どこへでも持って行こうと思えます。パソコンを普段から持っているだけで、空き時間が突然生まれても課題をこなそうと思えるはずです。

それにMacBookは、タイピングの時間が減らせるので、デザインがかっこいいという理由で、家や出先での課題のモチベーションを高く課題がこなせるならば、絶対に MacBookを購入すべきです。

かっこいいと理由は一見なんだよと思われがちですが、それで課題に前向きになれるならそれでOKです。

5,iPhoneとの連携に優れている

きっとMacBookを買うか迷っている方の多くはiPhoneのユーザーだと思います。

iPhoneのユーザーの方は、MacBookにするべきです。これは、タイピングの自動変換に次いで本当に重宝しています。

アップルにはメモ機能が初期機能として装備されています。MacBookとiPhoneは連携しているので、インターネット環境にあれば、転送せずにメモの内容を共有できます。

つまり、ここで何が言いたいかというと、実習施設の移動で生じる隙間時間にiPhoneを使って進めた課題内容を素早くパソコンと共有できるんです。

移動時間はパソコンを開ける状況がなかなかありませんが、ケータイのメモに実習記録や課題を打っておけば、次にMacBookを開いた時は、コピペすれば、課題がサクッと進みます。

実習は、公共交通機関での移動にかかる時間が長いので、普段使いしているiPhoneでも課題を進めて、その内容を共有できる機能には心強いです。

6,軽くて持ち運びしやすい

MacBookだけでなく移動の観点で考えれば、MacBook Airでも遜色なく課題を行えることができます。

普段よく使い学校に持ち歩く人は、MacBook Airにするのもアリだと思います。

7,Mac OS も Windows OS も使える

MacBookでは、ワードやエクセルなど、Windows OSも使うことができます。

ワードやエクセルは、もともと入っていなくても入れてしまえばいいだけです。

MacBookのメリットは大きいと思いますので、ワードやエクセルは別途で購入しダウンロードしましょう。

僕もワードやエクセルをダウンロードして使用しています。なんら問題なく使うことができています。

[よくある質問] MacBookは高い

MacBookとsurfaceの比較

MacBookとsurfaceを比較

ここからは実際に、MacBookと他のパソコンの比較を行なっていきます。

今回の比較は、こちらの2つを使って行なっていきます。

最新モデル Apple MacBook Pro (13インチPro, Touch Bar, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5, 8GB RAM, 256GB) – スペースグレイ

マイクロソフト Surface Go(サーフェス ゴー) 10インチ PixelSence ディスプレイ/Windows 10 Home (Sモード)/第7世代 Intel® Pentium® Gold 4415Y/SSD 128GB/メモリ 8GB/Office Home & Business 2019/シルバー MCZ-00032

こちら2つを比較対象とした理由は、ビックカメラのサイト内で、MacBookとsurfaceを検索した中で、それぞれ一番安かったからです。(2020年2月現在)

比較その1:CPU

CPUとは、コンピュータの制御や演算や情報転送をつかさどる中枢部分のことをさします。パソコンの脳にあたる部分だとざっくり考えましょう。

MacBook:Core i3(コアアイスリー)
surface:Pentium(ペンティアム)

パソコンそのものの処理能力はMacBookの方が高いのです。

こちらのサイトで比較しました。

比較その2:容量

MacBookのストレージ:256GB
surfaceのストレージ:64GB

MacBookのメモリ:8GB
surfaceのメモリ:4GB

比較その3:価格

175,770(MacBook)-68,000(surface)=107,770円

価格はMacBookの方がsurfaceに比べ、倍以上の値段となります。

ですが、ここで考えてみましょう。

大学4年間を同じパソコン使う想定で値段を考えると

約110,000÷4(年数)=約27,500円
27,500÷12(1年=12ヶ月)=約2,300円

1年間で約27,500円多く投資すれば、MacBookが使えるんです。

もっと深く考えれば、1ヶ月単位で考えるとsurfaceを購入した金額に加えて2,300円多く払えば、MacBookが購入できてしまうのです。

僕は、このように考えると冒頭から説明した7つのメリットも含めて迷わずにMacBookを購入します。

この2,300円をあなたはどう考えますか?

まとめ

今回の記事では、看護学生が使うパソコンはMacBookがオススメする理由を僕の大学3年間の体験談をもとにお話ししました。

MacBookやWindowsのパソコンどちらかを購入することがいずれ必要になってきますので、是非、MacBookを購入して作業効率を高めて大学生活を送ってほしいと思います。

看護学校入学前にやっておくべき3つの事
看護学校入学前にやっておくべき3つの事[自分の体験談から伝えます]看護学校に入学する前の準備で勉強をすることも大切です。ですが、それ以上に遊べる時に遊ぶことが入学前にしかできないことだと知ってほしいです。遊ぶ時間を確保しながら入学前の時間を友好活用できるように入学前にやっておくべきことを紹介しています。...
[看護学生]入学前に勉強するのにオススメの参考書9選看護学生になる入学前に勉強をするなら理論家の本か解剖生理学がおすすめです。どうしても解剖生理学は、細かい勉強になってしまうので、実習や国家試験の勉強まで後回しになってしまいますが、今回紹介する参考書は、自分が手にとって良いなと思えるものなので紹介していきます。...
ABOUT ME
tsubasa
看護学生お助けサイトMasupi Blogを運営中。北海道在住21歳。看護学生として多忙な生活を送りながら色々な事に挑戦しています。
先輩たちは、この参考書で合格した!

豊富なイラストで理解を助ける!
問題集『QB』シリーズと連携!

10年分の看護師国家試験を1冊にした
「レビューブック」

 

『QB』シリーズはこちら

「クエスチョンバンク」

必修に特化した
「クエスチョンバンクselect必修」